HOME‎ > ‎Rescue?‎ > ‎Disasters‎ > ‎

Tangiwa Train

The Tangiwa, train disaster was a sad coincidence of events:
 
Read about click Murphys Law This Year.doc 2007 below.

2007

It’s been a year I’d like to forget, but I know in the future it’s a time I want to remember well.  Nothing at all seems to have gone the way I had planned, and everything that could go wrong did go wrong.  Just like Murphy’s Law:

 If something can go wrong, it will!!!

 

Have you ever had a real bad day where nothing seems to go right?  Like when you are trying to sing but the teacher gets you in a head lock and takes you outside? Or when you make a terrible mistake and you don’t know what to do?  Or when you get older and your doctor tells you, “I am sorry, you have a problem and it’s going to get worse, but we can not help you.”

 

It’s times like these that we say “the pooh’s hit the fan!”.  You feel like you’re dead….but….but….you can still breathe….you are still alive and there is one thing you can do.  Actually there are many things you can do, but there is one super thing you can do^-^.

 

“Make an opportunity out of an obstacle!!”.  Some people say that in life, in everything there is a balance between bad & good things.  So when an extra-ordinarily bad thing happens, there is a chance that something extra-ordinarily good may also happen. 

Just a chance.

 

You have a chance for something extra-ordinary from something extra-ordinary.  Find it.

 

In New Zealand in 1953, there was a huge celebration when Sir Edmund Hillary climbed Mount Everest in the Himalayas.  It was Christmas Eve, and many families, and Dads coming home from business were travelling on the Silver Fern train from Wellington to Auckland.  The train was packed with presents & excitement. 

 

Unfortunately there was also a terrible terrible disaster.  New Zealand’s Mount Ruapehu erupted without warning.  The mountain was covered in snow.  The crater at the top of the mountain was filled with millions of litres of hot acidic water.  During the eruption the edge of the lake was burst and an un-imaginable amount of water rushed down the mountain into the deep snow.  The snow covered mountainside instantaneously melted.  A lahar.  The lahar rushed down the mountain melting more and more snow as it went.  It sucked up a billion tones of debris, ice, rocks, dirt and trees as it gushed down, down down.

 

The atmosphere in the train was electric, people were singing Christmas Carols and dancing, the cabin windows vibrated with the noise. “Soon they would see their loved ones…” they thought.

 

On the mountain, it was different. 

Nothing was alive.  An enormous weight of liquid filled with terror rocketed toward the Tangiwai stream.  Tangiwai is Maori language and means Weeping Waters.

 

A man called ‘The Digger-man’  standing was near the stream.  He was screaming something to the train, but nobody could hear because there was another noise much louder. These days my Dad has a big 20ton digger, which is real old, bit still goes.  I was surprised a couple of years ago when The Digger-man came to fix Dad’s digger.  He drove 450km, and carried all his tools in his luxury Volvo,  and …..he was 89years old!!! – he is extra-ordinary

  

 

Ahead of the train lay the Tangiwai bridge.  285 passengers could not have imagined what would happen next.  Neither could a nation or Visiting Queen Elizabeth about to celebrate Christmas.  There had been no rain, so there was no need to worry about risk of a flood for the train driver.  Suddenly, just before the train reached the bridge it happened.  A wall of mud 6 metres high hit.  The driver braked but he was too late.

 

There were 9 carriages and an engine.  Within an instant the engine and 5carriages were gone, vanished into the mysterious liquid.  The 6th carriage balanced on the edge for a few moments allowing all of the passengers except 1 to jump into the remaining 3 carriages.  The Digger-man tried to help people from the stream.  Slowly the water & mud level went down.  There was peace.  The Digger-man + 134 people survived.

How can you make an opportunity from this?

 

 

 

http://library.christchurch.org.nz/Kids/NZDisasters/Tangiwai.as

  

 

 
 
 
 
 
 2007年
今年を忘れたいと思っています。それを言っても、未来にこの時を良く思い出したいと感じています。最近、予定を立ってもならないし、悪いことが可能だけと思っても起こりました。

町道マーフィー法則の道理:

間違えが可能なら、間違えます。悪いことはべくして起こる。

 
 

本当にやだな一日あったことない?なんでも良くならない一日?例えば、歌を練習中に頑張っても声が出ず、先生に怒られて、ヘッド・ロックで外に出されちゃう?それかすごい問題を起こして、「ドウスル・ドウスル」と分からなくなっちゃう?および、ちょっと年になって医者に「残念、患者のある問題が残念ドンドン悪くなるよ。手伝いも出来なく、残念」

 

 
 
 
この時「ふんが扇風機に当たちゃたんだ!」と言います。死んだ感じがしますが、。。。しかし。。。でも。。。まだ息、息がOK。。。まだ生きていまショー。この時には一つの出来ることある。よく言うと色々なことできますけど、ボヨン・ゲキ・スーゲーの一つのことも可能^-^。

 

 
 
 
「障害物がチャンスになる!」

人生中には「悪いと良いがつり合う」と言う人います。だから激スゲ悪いことが起こると、ビックリ・スゲ良いことも可能。

僅かな可能でも。

 

 

 

何か不思議な経験から、自分にも以外に良い不思議なチャンスがある。見ッケ。
 
 

ニュージランドで1953年に、エドマンド・ヒラリー・卿がエベレスト山を最初に登った後、ニュージランドとイギリスの皆さんが盛り上がりましたよ。クリスマス・エブだった。多くの家族と出張から帰ってたお父さん達が電車に乗る中だった。この電車はシルバー・フェーンと言って、ウェリントン市より北嶋の中心をずうっと通って、オークランド市まで行く予定でした。プレゼントとよろこびでぱんぱん満杯だった。

 

しかし、冷たい恐ろしい力も働ていた。ニュージランドのルアペフ山が動き出して、急に噴火した。山が雪の国、雪はいっぱいでした。ルアペフ山の頂上にあったクレーター湖がほど500メーター外形で、数億リーターの酸性なお湯で満杯だった。噴火中に湖の壁はパンクなっちゃって、想像できないぐらいの水が山の横に跳んで行った。深い雪に入った。一瞬の間にルアペフの東側の雪が溶けってしまえました。「ラハー」土石流だった。ルアペフを下がって行った、どんどん雪を溶かしながら、どんどん雪を吸い込こんでいきました。爆発の感じ、ガーーと下へ、下へ、下へ一兆トンの岩屑、氷、岩、土、と木が暴走した。

 

 

 

電車中は火気がありました。クリスマス歌を歌いまして、ダンスした。船室の窓が音の所為で振動した。「もうすぐ家族に会いまショー」と思ってた。

 

 

 

 

山の上が違いました。

生きていた物はいなかった。巨大な重い、破竹の勢い液体、純恐怖の物がタンギワイ小川へ向かった。「タンギワイ」がマオリー語、泣く水を意味します。

 

掘削(くっさく)機男」と言う人がタンギワイ小川のそばに立てた。何かを電車へ向かって叫んだ。しかし誰でも聞こえなかった、もう一つのもっとでかい音ありました。

最近家のお父さんが20トンの掘削機(くっさく き)を持つようになりました。けっこう古いでもまだ動いています。数年前、「掘削機男」が父さんの掘削機を直すに来て、僕はちょっとビックリした。彼は450キロを運転して、自分の道具を全部持って、高級車ボルボに乗って、。。。89歳の生きている化石だったよ。普通では無い。

 

 

 

電車の行く方面にはタンギワイ橋ありました。285乗客が次に起こる事を想像でも出来なかったでしょう。それとも、その時からクリスマスを祝賀(しゅくが)するニュージランド全国と訪問していったエリザベズ女王も想像を出来なかったでしょう。雨が降らなかったので、電車の運転士に取って洪水のリスクの心配は必要なかった。突然に、町道電車が橋に行く前に起こった。泥、6メーターの高さ、当たった。運転士はブレーキをしたが遅すぎる。

 

 

全体でエンジンと客車9台。(ただ)ちにエンジンと五つの客車が行ちゃた、不思議な液体に魔法的消えた。台6客車が微妙(びみょう)にバランスとったが、乗客は、一人以外、後ろの客車へすぐ跳べられました。掘削機男は出来るだけ小川から人を釣りました。少しづつ洪水と泥が減って来ました。平和。掘削機男と134人生きて残りました。

 

このひどい事からどうやれば良いチャンスを作るか?

 

 

 

 

 

ちょっと左側のウェブ・サイトを見てこいな。


ċ
MurphysLawThisyear.doc
(227k)
Craig Shaw,
Apr 15, 2009, 3:21 PM
Comments